月別アーカイブ: 2016年2月

第二東京弁護士会、大塚和成弁護士に退会命令 女性に性行為強要で(クリスチャントゥデイ)

大塚和成元弁護士が第二東京弁護士会からの退会命令の懲戒処分、キリスト教サイトの「クリスチャントゥデイ」も伝えています。「性行為強要(レイプ)」は、重大な人権侵害ですので、キリスト教の世界でも重大な関心を持たれているようです。

http://www.christiantoday.co.jp/articles/19320/20160222/daini-tokyo-bar-association-otsuka-kazumasa-lawyer-rape.htm

第二東京弁護士会、大塚和成弁護士に退会命令 女性に性行為強要で

第二東京弁護士会は22日、女性に性行為を強要したとして、同会に所属する大塚和成(かずまさ)弁護士(45)を退会命令の懲戒処分にしたと発表した。時事通信などが伝えた。

同通信が、第二東京弁護士会の発表として伝えたところによると、大塚弁護士は2013年2月、仕事で関係があり懇親会に出席していた女性をホテルに誘い、性行為をした。女性はその後、体調不良を訴え、医療機関で治療を受け、翌14年1月に職場を退職しているという。大塚弁護士は刑事告訴もされていたが、不起訴となっている。

同通信によると、大塚弁護士は「同意の上だった」と主張しており、代理人を通して「事実誤認に基づく不当な処分だ。日弁連(日本弁護士連合会)に審査請求の申し立てを行う」としている。

日弁連のホームページによると、弁護士法では弁護士に対して、▼戒告、▼2年以内の業務停止、▼退会命令、▼除名の4つの懲戒処分を定めている。このうち、退会命令については、「弁護士たる身分を失い、弁護士としての活動はできなくなりますが、弁護士となる資格は失いません」と説明している。

弁護士白書によると、統計のある1998年〜2014年に退会命令を受けた弁護士は、全国の弁護士会で毎年1〜7人となっている。

「無理やり性交」=弁護士に退会命令―第二東京(時事通信)

時事通信も、大塚和成弁護士への退会命令の懲戒処分を報じました。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201602/2016022200325&g=soc
「無理やり性交」=弁護士に退会命令―第二東京

仕事で関係のあった女性と無理やり性交したとして、第二東京弁護士会は22日、大塚和成弁護士(45)を退会命令の懲戒処分にしたと発表した。

 退会命令は弁護士として活動できなくなる重い処分。同会の調査に対し、大塚弁護士は「同意の上だった」と主張しているという。

 同会によると、大塚弁護士は2013年2月、懇親会に出席していた女性をホテルに誘い、性行為をした。女性はその後、体調を崩して医療機関で治療を受けたが、14年1月に職場を退職した。同弁護士は刑事告訴されたが、不起訴処分にされたという。

 大塚弁護士は代理人を通じて「事実誤認に基づく不当な処分だ。日弁連に審査請求の申し立てを行う」とコメントした。

性行為を強要、弁護士に退会命令 第二東京弁護士会(日本経済新聞)

日本経済新聞が報道、大塚和成元弁護士が第二東京弁護士会から、ついに退会命令になりました。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO97541650S6A220C1CC0000/

性行為を強要、弁護士に退会命令 第二東京弁護士会

2016/2/22 13:45

第二東京弁護士会は22日、女性に性行為を強要したとして、同会所属の大塚和成弁護士(45)を退会命令の懲戒処分にしたと発表した。処分は1月29日付。

 同会によると、大塚弁護士は2013年2月、懇親会に出席していた女性を懇親会後にホテルに連れ込み、性行為を強要した。

 大塚弁護士は22日、「意思に反する性行為をした事実はなく、一方的な事実認定だ」とのコメントを出し、日本弁護士連合会に審査請求と効力停止を申し立てるとした。